THREE IN ONE No.51
 先回のレッスンで what ... 及び whatever ... の意味と ever のもつ意味を話しましたね。

この ever を who にくっつけて whoever ...とするとどうなるでしょうか?
 
who ... は「誰が...か」「...な人」です。通常1番目の意味で用います。 whoever ... 上記の2番目の意味に ever(全て)を加えることになり,「...な人は(誰でも)全て」となります。

この who ... と whoever ... も what(ever) ... と同じく名詞節なので名詞が置かれる場所に置かれます。

今日の例文では動詞の目的語に置かれていますね。

The vigorous old man said, "I'll invite whoever wishes to come, so do bring as many pals as you can -- the more, the merrier."

▽ Slash Reading
The vigorous old man said, / "I'll invite / whoever wishes / to come, / so do bring / as many pals / as you can / -- the more, / the merrier."

▽ Slash Translation
この健康で活発な老人は言った/「私は招く/誰でも望む者は全て/来ることを/だから,是非連れておいで/同じだけの数の友人を/君に(連れてくることが)できるのと。多ければ多いほど/それだけより楽しい」

▽ Free Translation
健康で活発な老人は言った。「来たい人は誰でも招待するから,できるだけたくさん友達を連れきてよ。多ければ多いほど楽しいからね」


▼ WORDS

□ vigorous<形>(健康で)活発な,エネルギッシュな

□ invite<動>…を招く[招待する]

□ wish<動1or3>(…を)願う;<名>願い(◆動詞で用いる場合は「wish+名詞」以外の形にする)

□ do<助>((動詞を強調して))是非とも,実際に

□ bring<動3>…を(話し手/話し相手の所へ)もって[連れて]来る[行く](◆「話し手/話し相手以外の所へもって[連れて]行く」場合はtakeを用いる.例文でのbringの目的語はpals)

□ pal<名>友達(= friend)(◆口語的表現)

□ more<名><形>より多く(の)(◆ many [much]の比較級.例文はmanyの比較級)

□ merry<形>楽しい(= happy and cheerful)


▼ Phrases & Patterns

□ whoever + V 「Vである人は誰でも」
  whoever + S + V「SがVする人は誰でも」
(◆ whoever は who と同じ使い方(=構造).全体が名詞の働きをし,文中の主語,動詞,前置詞の後などに置かれる.例文では,目的語に置かれている)

□ wish to V原形<動>Vしたいと思う(◆「want to V原形」より改まった表現)

□ as many 複数名詞 as ...
  as much 不可算名詞 as ...
  「…であるのと同じだけの数[量]の<名>」
 
□ The 比較級,the 比較級 . 
  「〜であればあるほど,それだけより…」
  cf. The sooner, the better. 「早ければ早いほどよい」

英単語、英熟語、英文法を同時に学ぶ例文