THREE IN ONE No.9
 I'm new. というのは便利な表現です。「ある国や土地に来て間もない」という場合にも使えるし,「ある仕事を始めて間もない」という場合にも使えます。 
今日の例文でみなさんがつまずくとしたら bound for ...の修飾関係ででしょう。

英語では「2語以上からなる形容詞の句は名詞を後から修飾する」ということをしっかり覚えておかなければなりません。また,文を後から読むのではなく,前から読み下す過程で,情報の不足している名詞を  発見し,その名詞に関する具体的な情報を探すという思考のパターンを早く身につけることが大事です。

この習慣がついていれば,今日の例文の one(具体性のない名詞)を補っている形容詞句が bound for ...であると見抜けるようになります。

もちろん,bound for ...の bound が形容詞で「…行きの」という意味であるという熟語の知識も不可欠ですので,本物の英語力を身につけるためには,英語の基本ルール(=文法)と語いの両方が身につけていく必要があると言えます。

I'm new to Tokyo. The other day, I changed trains at Shinjuku and by mistake got on one bound for Takao instead of one for Tokyo Station.

▽ Slash Reading
I'm new/to Tokyo. The other day,/I changed trains/at Shinjuku/and by mistake/got on one/bound for Takao/instead of one/for Tokyo Station.

▽ Slash Translation
私は経験が浅い/東京に対して。先日/私は列車を乗り換えた/新宿で/そして,間違って/一つの電車に乗った/高尾へ向かう/一つの電車の代わりに/東京駅に向かう。

▽ Free Translation
私はまだ東京に来て日が浅いのです。先日も,新宿で電車を乗り換えるのに間違って東京駅ではなく高尾行きの電車に乗ってしまいました。


▼ WORDS

□ new<形>経験がとても浅い(◆ 例:I'm new here.「この辺りには詳しくない」)

□ change<動>…を変える[換える](◆「電車を乗り換える」はtrainsと複数形になる。類例にchange hands(所有者が代わる)がある)

□ at<前>…で(◆「〜駅で(乗り降りする,乗り換える)」という場合に用いる)

□ mistake<名>間違い,ミス

□ one<名>(( a[an]+繰り返しとなる名詞の単数形))(◆例文中の2箇所のoneは,trainsを受けて,a trainとするところをoneで置き換えている)

□ for<前>…に向かう,…行きの(◆inの原義はこの「指向性」)


▼ Phrases & Patterns

□ be new to ...<動>…に対して経験がとても浅い,…に詳しくない(◆I'm new to this job.「この仕事はまだ始めたばかりで不慣れです」)

□ the other day<副>先日(◆前置詞は不要)

□ by mistake<副>誤って,間違って(= mistakenly)

□ get on ...<動><電車・バス等>に乗る(◆乗って移動する(ride)のではなく「乗り込む」という動作を表す)

□ be bound for ...<動>…に向かっている,…に行くところである(◆例文では,beが省略され,bound for ...の形容詞句がoneを修飾している)

□ instead of ...<副>…の代わりに,…ではなく

英単語、英熟語、英文法を同時に学ぶ例文