THREE IN ONE No.93
 「もし〜ならば…でしょう」と空想や想像をめぐらす時の「もし〜ならば」は if 〜 で表しますが、if 〜 の代わりをする表現がいくつかあります。例えば、「もし〜がなかったら」「もし〜がいなかったら」という場合は without 〜 という表現で代替が可能です:

君がいなかったら、できなかったところだよ。
I couldn't have done it without you.

「to 動詞の原形」もまた、if 〜 の代わりに使われます。「〜するとしたら」という意味です。今日の例文の It would be foolish to rely on ... がこれに当たります。

I cautioned him, "It would be imprudent, not to say foolish, to rely on your instincts and intuition all the time. You should use your common sense."

▽ Slash Reading
I cautioned him, / "It would be imprudent, / not to say foolish, / to rely / on your instincts and intuition / all the time. You should use your common sense."

▽ Slash Translation
私は彼に注意した/「それは賢明ではないだろう/愚かだとは言わないが/頼ることは/自分の本能や直感に/いつでも。君は使うべきだ,常識的な判断力を」

▽ Free Translation
私は彼に注意を促した。「いつでも本能や直感に頼るのは愚かだとは言わないが賢明なことではないでしょう。良識をもって行動するべきです」


▼ WORDS

□ caution<動3or4><人>に(…を)警告[注意]する;<名>用心,注意,警戒,警告

□ imprudent<形>賢明でない,思慮が足りない(= unwise):prudent<形>注意[思慮]深い,賢明な(= sensible)

□ foolish<形>馬鹿な,愚かな(= silly):fool<名>馬鹿[愚か]者

□ instinct<名>本能,自然[生来]の衝動

□ intuition<名>直感,直観(◆ instinct, intuition は共に理性以外の部分を表す)

□ should<助>…した方がよい,…すべきだ

□ common<形>どこにでもある,(社会や集団に)共通の,普通の


▼ Phrases & Patterns

□ It would be ... to V原形.

「Vする[Vである]とすればそれは...であろう」(◆「to V原形」に if節 の意味が含まれる)

□ not to say ... <副>…とは言わないまでも[言わないが]
 
□ rely on ...<動>…に頼る,…を当てに[信頼]する

□ all the time<副>いつでも,その間ずっと(◆文末で用いる)

□ common sense<名>(経験から得られる)判断力,常識的考え,良識(◆ここでの「常識」とは「知識」のことではない):
It's just good common sense to look both ways before crossing a street.
「道を渡る前に左右を確認するのは当然(=常識)です」

英単語、英熟語、英文法を同時に学ぶ例文