Question
今、職業訓練で専門学校の国際ビジネス英語3ヶ月コースに通っております。
いちおう中級クラスになりますが、生徒のレベルはさまざまで、先生によっても授業の進め方が違います。
自分としては、その授業の要、例えば文法ならその使い方などの説明を中心にやってもらった方が、分かりやすくていいと感じています。中には、かなりのスピードで進み、練習問題もたくさんやって、一文ごとに必ず訳させる授業があります。文法そのものより、自分があたるところの問題の答えや訳に気を取られて、肝心なことがつかめない状態です。
予習復習でカバーしてはいるのですが、授業中はとにかく忙しく、スピードについていくので精一杯です。先生も3ヶ月という短期間で、ある程度成果を出せるまでもっていこうとしてくれている気持ちもわかります。ちなみにその先生は通訳の仕事もしています。反対に訳文は参考までにコピーを渡して参照するように、という先生もいます。教え方にもいろいろあると思うのですが、やはりすべて満遍なく、訳も瞬時にしっかりできるように訓練した方がいいのでしょうが、かなり混乱しています。多分上級者なら効果は大きいと思いますが、TOEIC400レベルくらいの人は何が何だかさっぱりという状態らしいです。授業もほとんど英語で行われますし、使用テキストもすべて英語(説明や解釈の仕方も)です。

Answer
そのコースが具体的にどんな能力を受講者に身につけさせようとしているのかがわからないので厳密な回答はできません。ただ,一般論を言うと,初級・中級レベルの学習者に対し,英語の授業を英語で行う場合は,毎日,長期的に行わないとほとんど効果がありません。ましてや,英語力が十分でない者に文法説明や英文の解釈を英語で行うと完全にちんぷんかんぷんになります。(実際,英会話学校ではネイティブがこれを行おうとして双方に挫折感をもたらしている)
文法の説明やリーディングの解釈は,日本語でしかも説明が上手な人に(通訳者である必要はない)やってもらった方がはるかに能率がよいのです。これは別に学校に行かなくても本で勉強すればよいことでしょう。

3ヶ月という短い期間のコースの場合は,あれもこれもと欲張らずに,目的を絞って達成感の得られるものにすべきなのでしょうね。それによって講座終了後の学習の目標が明確になったり,ある程度の自信がついて学習意欲が生まれればそれで成功だと思います。語学学習は何年にも渡る長期的なプロセスですから,3ヶ月だけで全てを完結することは不可能です。

3ヶ月間で学習の習慣を身につけると同時に,自分に足りない能力を実感して,その後の学習に活かして下さい。

英文の解釈に関しては,「瞬時に日本語に訳せるようにする」というより,「文節,文,パラグラフの単位で,瞬時に言っていることの意味が取れる(=イメージが湧く)」というように訓練した方がよいでしょう。そのためになんとか意味がわかった程度の文章を何度も繰り返し読むことが大切で,予習以上に復習が大切だと言えます。 復習で繰り返し読むとやがて日本語に訳さずに意味が(イメージとして)とれるようになります。これは3ヶ月の講座が終わった後も継続しなければなりません。



Question
私は、来年の秋学期からアメリカの大学院で勉強をする予定の者です。ただいま、毎月一度TOEFLを受けていますが、それぞれのセクションの最高得点がリスニング 23 ストラクチャー 25 リーディング 27 でリスニングが伸び悩んでいます。向こう2ヶ月でリスニングで最低25をマークできるように持っていきたいです。
リスニングの伸ばし方のアドバイスをお願い致します。(ちなみに一日4・5時間の英語学習時間の確保が可能です)

Answer
基本的な語いと文法がしっかり身についていることを前提にアドバイスをしますと,

<1> リスニングをするようにリーディングをすること。つまり英語を戻り読みせずに理解できるように訓練すること。

<2> 学習時間の50%をリーディングに,残りの50%をリスニングに当てること。

<3> リーディングの中で語いを増やすこと。

「リスニングが弱い」というのはあなただけに当てはまることではなく日本人の英語学習者全員に当てはまることです。原因は,英語を戻り読みする癖がついていることと,リスニングを行う時間が圧倒的に少ないことです。
同じ英文を戻り読みしなくても理解できるように何度も繰り返し読むこと(黙読でもよい)。また,できるだけたくさん聞き取りを行い,何回聞いても聞き取れなかった部分や理解できなかった部分をスクリプトで確認して下さい。1日に4〜5時間で2ヶ月間集中して勉強すれば,目標とするレベルにはなんとか到達するのではないかと思います。



Question
センター試験第3問目の語句補充・文整序・文補充の問題が苦手で困っています。論理的に考えなければ解けないと思ってしまい、つい時間がかかってしまいます。問題が日本語で書かれていても難しいと感じます。もしかしたら英語以前の問題かもしれませんが、短時間で解くコツはあるのでしょうか。
よろしくお願いします。


Answer
まずは,文と文のつなぎの役目をする副詞や接続詞をたくさん覚えておく必要があります。

 instead (その代わりに),besides (付け加えて),
 otherwise (さもないと),nevertheless (しかしながら)

などの副詞や,

 while (...である一方で),since (...なのだから),
 unless (…でない限り),as long as (...である限りは)

等の接続詞などがこれに当たります。

これらの語句をきちんと網羅した参考書/問題集が見つからない場合は、ALL IN ONE EXERCISE の以下のセクションを参考にして、問題を解いておくことをおすすめします:

 ◆ SECTION5(複文構造を正確に把握する)

 ◆ SECTION6(文を展開するキーワードを知る)


A, B, C という3つの文章を文意に沿って並び替える問題に関しては,最初にくる文の選択が最も重要です。「この流れだと A から始まるのではないか」と思ったら,Aで始まる解答の配列を(例えば A - C - B となっているのならそれを)確かめます。話の流れが自然(論理的)であればそれが答です。3つの選択肢(A, B, C)の組み合わせを全て確認していると時間がかかるのでやめておきましょう。

設問3が特に苦手ならば過去の問題を追試も含めて4年分(計8回分)ぐらいやっておくとだいぶ要領がつかめ本番前に気持ちの余裕ができると思います。



Question
毎日英語を聞いているのですが全然リスニングが伸びません。
きっとその聞き方とか効率が悪いのだと思うのですが、リスニングの勉強で良い方法、またはやってはいけないこと・みたいなものがあればぜひ教えてください。
聞き方はまちまちなんですが、学校でもらったリスニングのCD、コミュニケーションテストのステップアップドリルってやつなんですけど、複数の人の会話が延々続いた後、ドリルにある問題を解いていきます。ディクテーションもあれば会話文を聞きとって解いてく問題も沢山あります。
最初何も見ないで英文を聞いて、わからないところは解答をみて、もう一度聞いたり。あと、授業中はなるべく教科書を見ないで英文を聞いたり・・・。
学校でも毎日英語を聞いてるはずなんですが、いざ模試とかになると全然聞こえなかったりします。
来年のセンター、大学入試に向けて耳を鍛えたいので、長い英文を聞いて大体の内容をつかめるようにしたいです。質問の内容が分かっても英文の中で答えを見つけることがなかなかできないのです。知っている単語も、英文の中だと違う単語に聞こえたりします。

何でもいいので、改善方法などあったら教えてください。

Answer
まず最初に,リスニングを特別な技能と思い込まないようにして下さい。多くの学習者は,「自分は英語の聞き取りが弱い」 と信じているのですが,実は聞き取り以前の 「リーディングの能力が弱い」 場合がほとんどなのです。

試しに,英語のダイアローグを,"解答のスクリプトを読みながら" 聞いてみて下さい。聞き(=読み)終わった時に話の内容が頭に残っているか確かめてましょう。もしほとんど頭に残っていなかったら,それは英文の処理能力が遅いことが原因であって,聞き取りの問題ではありません。英文を頭から素早く処理するリーディング能力が,リスニングの前提になります。

英文の処理能力を上げるためには,何度も繰り返し同じ文を読み(聴き),その中で使われている単語や熟語,構文等を ”身につける” ことが大切です。これを中途半端にして新しい内容ばかりをやりたがる学習者が多いのです。 何度も繰り返すことによって,最初は理解するのに時間がかかっていたものが,
だんだんその時間が短縮され,やがてリスニングと同じ速度で処理でき,読めるようになります。

あなたが,毎日聞いているという英文の聞き取りはその場限りになっていませんか? スラスラ理解できるように,同じ英文やダイアローグを何度も繰り返し聞いて下さい。そしてスラスラ理解できるようになった英文がたくさん蓄積されることで,やがて全く未知の英文を聞いても理解ができるようになるのです。
また,すでにお気づきのように,リスニングはリーディングによっても鍛えることができるので,”リスニングをするようにリーディングをする”,つまり戻り読みせずに英語を読むことを平素から行って下さい。



Question
塾で高校生を教えることになりました。受け持つのは私立進学校の高一(一人)です。しかし、英語の成績、特に文法がよくありません。あと、単語を身につけることが非常に困難です。

私は新米教師で、こんなことをいうのも何なのですが、その子は「英語の書き換え」ばかりに意識が集中しているんです。学校の先生が「書き換え問題」が好きでよく出すようなのですが、それは、本当に効果のある勉強方法でしょうか?

英語の基本もしっかり身につけてない生徒に書き換え問題を多くさせるとかえって混乱するばかりか、まちがった言語感覚さえ植え付けてしまいそうな気がするんです。そもそも、同じ心理状態や状況で発せられる言葉って、そんなに多くないと思います。英語を深く勉強すればするほど、微妙なニュアンスの違いに敏感にならざるをえないのに、最初から書き換え問題をさせると、語彙や表現方法が豊富になるどころか、固定観念にしばられてしまうのではないかと思うのです。

しかし、何せ教師の経験がないものですから、ベテランの先生のやることを否定できないんです。そのやり方で、何年も受験生を合格させてきたと思いますので・・・。

ですが、何とか私の受け持つことになったその子を助けてやりたいんです。どうか、アドバイスをお願いします。

長々と書いてしまいましたので、整理しますと、   

・高一の生徒に「書き換え問題」は重要な、または効率の良い勉強方法か。
・生徒にとって確実な文法・語彙の身につけ方
・教える側にとって、英語を教える時のポイント
 
の3点に答えていただければと思います。最後の点は自分が経験の中で発見していかなければならないものですが、何か良い方法や留意点などを教えていただきたいと思いまして、書きました。どうか、よろしくお願いします。

Answer
「書き換え問題」というのは,能動態と受動態への置き換え,直接話法から間接話法への書き換え,副詞節から分詞構文への書き換え,といったことを指すのでしょうか? 受動態をわからせる上で受動態になる前の能動態を意識させるといったことは正確な英語を身につける上で重要だと思いますが,一般的に言えば,「書き換え問題」というのは本当に英語が上手になろうと思ったら,奨励すべきではない,害の大きい教え方だと思います。書き換え問題をやらせておけば,(とりあえず生徒に作業を課すことができるので)教師は楽でしょうし,また大した語学力も必要ないので都合がよいのだと思います。

最近の大学入試を見てみますと,「書き換え」問題というのは,少なくとも中〜上位レベルの大学ではまず出題されていません。だから,進学校の生徒が一番気にする「大学入試の出題傾向」にも沿っていません。語学教育というのは「構造的な理解」と「意味やニュアンスの理解」の両輪が揃わなくてはいけないと思いますが日本の英語教育では前者ばかりが強調され,後者がなされない(=教えられる人がほとんどいない)ところに問題があり,「書き換え」ばかりやらせる先生は,前者の典型例だと思います。あなたは後者も教えられる教師を目指すべきでしょう。

語いの習得を英文から切り離して行うのは(一見効率が良さそうに見えて)実は極めて効率が悪い(=覚えてもすぐ忘れるし,覚えても使えない)。だから,塾や学校のリーダー(読解用の教材)の英文中に出てきた単語をその文の中で覚えさせ,その文の中で単語や熟語のテストをすると能率がよい。但し,注意すべきなのは,英文全体を単に丸暗記させようとしてはいけない。語いの説明と同時に文の構造や文法をじっくり教えて文の意味をきちんとわからせた上で(意味を考えながら)何度も音読させる。そしてテストをする。単語が覚えられない生徒というのは,「単語を音で確認しながら覚えようとしない」「反復を嫌う」という傾向が見られます。また,熟語や構文は英文を大量に読まないとほとんど身につかないので,それらを別の参考書などで覚えさせるた方が効率がよいと思います。また文法は,参考書的なもので体系的に教えてあげることが大事。成果を焦って最初から(穴埋めや並べ替え式の)問題集をやらせないこと。

最後に,教える技術をここで事細かに解説できるものではないし,教師には(人を引きつけるという面での)素質も必要だと思う。ただ,一つ思うことは,教師の授業に生徒がついてくるか否かは,教師に熱意と自信と哲学があるか否かだと思う。教師が不勉強で,英語力がなければ自信も信念ももてないから生徒は不安になる。また,熱意がなければ教わる側はそれに応えようとはしない。あなたの質問から熱意は十分に感じられるので,まずはご自分が一層(教える技術も含めて)勉強なさることが大事だと思う。そしてそこで発見したことを生徒にぶつけてみてはどうでしょう。今教えている生徒がそれでうまくいくかどうかはわからないけれども(つまり生徒にも素質が必要),やがて「(あなたの授業から優秀な生徒が育ち)教師も悪い仕事ではないな」 と思うときが来ると思います。(私にもその経験があります)。


Question
こんにちは。僕はこの間大学に入ったばかりの大学1年です。
最近思い立って、TOEICかTOEFLを受けてみたいと考えているのですが、この2つについて何も知らないので、どういう試験か教えていただけますでょうか?
あと試験対策も出来れば聞きたいです。ちなみに、受験の時にAll in Oneは2巡読み、例文テストと文法テストもやりました。

Answer
TOEICは英語を母国語としない人一般,特にホワイトカラーワーカーが遭遇するコミュニケーションの場面を念頭に問題作成がなされており,大学入試との違いは,リスニングの比重です。
TOEICではリスニングの設問が全体の半分を占めますので,英語を聞いて瞬時に意味を把握する力が必要です。他の部分,すなわち文法やリーディングのセクションは大学入試を経た学生には比較的取り組みやすいでしょう。

TOEFLは米国やカナダに留学をする外国人を対象に,留学生が大学生活や授業で遭遇するコミュニケーションシーンを念頭において問題が作成されており,TOEICに比べすこし語いが専門的です。こちらはコンピューターによる試験で,受験者のレベルを設問に対する正答率で判断し次の問題を決めるというやりかたにユニークさがあります。

詳しいことは書店のTOEICやTOEFLコーナーの関連書籍で調べて下さい。

とにかく一度どんなものか受けてみるのがよいと思います。ただ,留学する予定や意志がないのならTOEICだけでもよいかもしれません。

対策学習としては,TOEICにしろTOEFLにせよ,それらの関連問題集や単語集を行うよりも,英字新聞の政治・社会・経済面を少量ずつ毎日読んだり,海外のテレビニュースを聴いたり,NHKラジオのビジネス英会話をやるなどした方が結果的には高い点数に到達します。

英語の学習においてリスニング力を伸ばすことは大変重要ですが,これは英文に接する(=読む・聴く)量に比例するので少し時間がかかります。地味な努力を続けて下さい。

TOEICを英語学習の一つの目標にするのなら在学時に少なくとも800点以上は取れるようにして欲しいですね。




【CONTENTS】

← トップページに戻る| このサイトについて英語学習法 | 英文法と語法 | 英語の表現 |英語の冠詞 | 英語学習コラム| 英語学習Q&Aメルマガ | 英語無料テスト | 英語学習教材| 英単語・英熟語・英文法の教材| 速読用リーディング教材| 四字熟語の英語翻訳辞典 | 和製英語の英語翻訳辞典| TOEIC, 英検, 受験英語情報 | 現代英語の基本英単語2000 | TOEIC でよく出る英単語 | 受験英語でよく出る英単語| 受験英語でよく出る英熟語・構文 | 東京大学でよく出る英単語| TOEIC と 英検の相関関係| 英検2級二次合格の心構え| 英検準1級二次合格の心構え| 試験によく出る不可算名詞| ビジネス英語&TOEICの必須英単語| 英語の例文集 | TOEICサイト| TOEFLサイト| 英検(2級、準1級)サイト | 国連英検サイト| 英会話学習サイト| 英文法サイト| 受験英語サイト| 英語学習全般サイト| 英語のニュース | 英語学習コミュニティサイト| 英会話スクール| 通訳 & 翻訳スクール|| 通訳ガイド & スクール| 英語学習用ソフト| 英語学習メルマガ|英語のリスニング

英語・TOEIC・英検の学習法、無料教材(英単語・熟語・英文法)のサイト