動詞の変化形の作り方

動詞のing形の作り方
現在[過去]進行形などを作る場合には動詞をing形にします。
ingをつける場合の方法は次のようになります:

■ 通常は原形にingをつけます:

 go → going
 read → reading
 play → playing  

■ -eで終わる語はeを取ってingをつけます:

 come → coming
 make → making

■ -ieで終わる語はieをyに変えてingをつけます:

 die → dying
 lie → lying

■ 「短母音+子音字」は子音字を重ねてingをつけます:

 get → getting
 run → running
 swim → swimming



三人称単数現在(=三単現)の作り方
主語が 「三人称(= I, we, you 以外)」 で 「単数」 で,「話の内容が現在」 の場合は動詞の語尾にsをつけ,これを 「三単現のs」 と呼びます。
動詞の語尾に三単現のsをつける場合の方法は次の通りです:
■ 通常は原形にsをつけます:

 like → likes
 help → helps 
 give → gives
 rain → rains 

■ -ch, -sh, -ss, -oなどで終わる語はesをつけます:

 teach → teaches
 wash → washes
 pass → passes
 do → does
 go → goes 

■ 「子音字+y」で終わる語はyをiに変えて-esをつけます:

 study → studies
 fly → flies 

 *play, buy など「母音字+y」で終わる語はそのままsをつけます。
 *have の場合は has にします。
 *上記の規則は名詞に複数形のsをつける場合にも当てはまります。


動詞の過去形・過去分詞の作り方
過去形と過去分詞は動詞の原形に(e)dをつけます。このタイプの動詞を「規則動詞」と呼びます。それ以外の方法で過去形と過去分詞を作る動詞を「不規則動詞」と呼びます。
規則動詞にedをつける場合の方法は次の通りです:
■ 通常は原形に ed をつけます:

 look → looked
 watch → watched
 finish → finished

■ -eで終わる語は d だけをつけます:

 like → liked
 hope → hoped
 live → lived

■ 「子音字+y」 で終わる語は y を i に変えて ed をつけます:

 study → studied
 cry → cried

 *stay, enjoy など 「母音字+y」 で終わる語はそのまま ed をつけます。

■ 「短母音+子音字」 の語は子音字を重ねて ed をつけます:

 stop → stopped
 drop → dropped




【このサイトの INDEX】 | ← トップページに戻る
英語の発音記号 | 時制と動詞の関係 | 基本的な助動詞 | 助動詞とそれに続く動詞の形 | 基本的な不規則動詞の活用 | 基本的な不規則動詞の活用例文 | 中学教科書の英単語 | 英単語を覚える時の注意点 | TOEICでよく出る英単語 | TOEICでよく出る文法・語法問題 | ビジネス英語とTOEICの必須英単語 | TOEIC と 英検のスコア比較 | 英語の学習法のQ&A | 英文法と語法のQ&A | 英語の表現に関するQ&A | 英語の冠詞の使い方 | 大学受験/英検(準)2級でよく出る英単語 | 大学受験/英検(準)2級でよく出る英熟語 | 大学受験によく出る不可算名詞 | 最重要英単語2000 | 難関大学の和文英訳・英作文 | 英語学習コラム(1) | 英語学習コラム(2) | 英語ができない学習者の特徴 | リスニングができない最大の原因| 英検3級 二次試験(面接)合格のコツ | 英検2級 二次試験(面接)合格の心構え | 英検準1級二次試験(面接)合格の心構え | 英検1級の面接で使ってみたい英文| 英単語・英熟語・文法を一度に | 英語総合学習の無料メルマガ | 日本の文化と心を英作文する | 速読 リーディング 教材(音声付) | 日常英会話表現集(音声付) | 中級者向け英語の多読教材 | 四字熟語の英語翻訳辞典 | 和製英語 カタカナ英語を正す辞典 | アメリカ英語とイギリス英語 | 英語の人名 ニックネーム | 英語学習に役立つ名言・箴言 | 英語力が初級レベルだと思う人 | 英語力が中級レベルだと思う人 | 英語力が上級レベルだと思う人 | 前置詞の運用能力テスト